wordpress

Google アナリティクスの設定方法【図解!初心者向け】

2020年5月12日

google analytics

ブログを始めると気になるのがアクセス数!

今日はどれくらいアクセス数があったかどのページが見られたのか検索のキーワードは何?などなど

そんな知りたい情報をまとめてくれるのがGoogle アナリティクスです

サイトを立ち上げたらまず最初に設定をしておきましょう!

Google アナリティクスのデータを見る事によってユーザーの知りたい事はどんなことだったのか、自分のサイトに不足していたものは何だったのかなどサイトを改善していくヒントが見つかり、結果アクセス数を伸ばしていく事ができます

それではGoogle アナリティクスについての説明設定方法について詳しく解説していきます!

 

この記事でわかる事
Googleアナリティクスを使ってできること、調べられることがなにか
Googleアナリティクスの設定手順 図を使って丁寧に解説します

 

 

Googleアドセンス合格するためのポイントをまとめた記事はこちらになります

 

 

 

 

 

1.Google アナリティクスとは?

google analytics

 

 

Google アナリティクスで解る事

  • 期間ごと(今日、昨日、過去7日間など)
  • サイトを訪れたユーザーの数
  • 新規の訪問者かリピーターか
  • サイトの滞在時間
  • 何で見てるか(PC、モバイル、タブレット)

 

  • リアルタイム
  • 閲覧者数
  • 閲覧ページ
  • 流入元(Twitteやインスタ、検索ワード)

 

まだまだたくさんありますが基本的なところはこんな感じです

サイトを立ち上げたばかりだとまだアクセス数はそれほどないと思いますが、流入元や検索ワードが解るとどんな記事だど反応が良いのかどんな記事が求められているのかが解りサイトを構築する上でのヒントになりますね!

それでは早速、設定の仕方に行ってみましょう!

 

 

2.Google アナリティクスの設定方法

設定方法

  • ①Googleアカウントの作成
  • ②Googleアナリティクスアカウントの作成
  • ③トラッキングID・コードの取得
  • ④トラッキングID・コードの設置
  • 設定の確認

 

 

 

①Googleアカウントの取得


Googleのアカウントをこちらからサクッと取ってしまいましょう!

名前の入力パスワードの設定など簡単な入力だけで取得できます

Googleアカウント作成

 

 

②Googleアナリティクスのアカウントの作成


今度はGoogleアナリティクスのアカウントを作成します

Googleアナリティクスのサイトへ

Googleアナリティクス

 

 

上のような画面が開くので右上左下の赤枠 無料で利用する をクリック

 

①アカウントの設定
アカウント名は何でも大丈夫です
好きなアカウント名を入力して「次へ」
 

 

 

②測定の対象
測定の対象は一番上のウェブを選択して「次へ」
 
 
 
 
 
 
③プロパティの設定
①ウェブサイトの名前
 自分のウェブサイト名を入力
②ウェブサイトのURL
 自分のウェブサイト名を入力(例 https://maroroblog.com)
③業種 近いものを選択
④レポートのタイムゾーン 日本を選択

最後に作成をクリックし、利用規約をよく読んでに同意するをクリック

 

 

③トラッキングコードの取得


取得と書きましたが特に何もしなくて大丈夫です

利用規約に同意するをクリックすると自動的にコードが表示された画面に切り替わります

トラッキングコード
UA-から始まる数字トラッキングID赤枠で囲んだものコードになります

 

 

④トラッキングID・コードの設置


トラッキングIDトラッキングコードどちらか一方を使用します

プラグインのALL in One SEO使用している場合はID

使用していない場合はコードを使用します

ALL in One SEOというプラグインは入れておきたいプラグインとしておすすめをする方が多く、私も入れています

こちらを使う方が簡単自分で自分のサイトを開いたときのカウントを除く設定も簡単に出来てしまうのでこちらの方がおすすめですが、テーマによっては不要の場合もあるので確認してみて下さい

記事を作成する時って何回もプレビューで確認しませんか?

それが全部カウントされてしまうと正確な分析なんてできませんよね

それでは、それぞれ解説していきます!

 

 

ALL in One SEOを使ってIDを設定する方法

 

 

まず、ALL in One SEOを入れていない方は

ダッシュボードプラグイン新規追加からインストールして有効化しましょう!

有効化するとダッシュボードの下に項目が追加されます

トラッキングIDの設定
①ALL in One SEO → 一般設定 → Google アナリティクス
 Google アナリティクスIDにUAから始まるIDを入力する

②自分のアクセスを除外する方法
 トラッキングからユーザーを除外するの5項目にチェックを入れる
これでwordpressにログインしている時のアクセス数を除外してくれます
wordpressにログインしている場合のみです!ログインしていない時はカウントされますので注意! 

 

 

 

トラッキングコードを設置する方法

 

トラッキングコードの設置ですが、これをどこに設置するかというと

テーマヘッダー(header.php)の</head>の前に入れます

コピペで大丈夫ですがテーマの主要部分なので

既に書いてあるコードを間違って消したりしないよう充分注意して下さい!

トラッキングコードの設置①
①テーマヘッダーの場所
 1.外観 → 2.テーマエディター → 3.テーマヘッダー(header.php)
テーマによって名称が若干違うと思いますが、ご自分のテーマに合わせてテーマヘッダー(header.php)を開いてください

②コードを張り付ける場所 → </head>の前
 アナリティクスで先程取得したトラッキングコードをコピーしてきて、</head>の前に貼り付ける

③最後にファイルの更新をクリック

  

 

以上で設定は完了です

 

⑤設定の確認


データが正しく測定できているか最後に確認をしましょう!

①~④までが正しく設定されると数時間のうちにデーターが反映されます

アナリティクスのホーム画面は頻繁に見る事になるのでブックマークに追加しておきましょう!

もし数時間たっても翌日になってもデータが反映されない場合は、トラッキング情報のステータス一度確認してみましょう

ステータスの確認①
①アナリティクス → 管理 → トラッキング情報 → トラッキングコードを開く
  

 

ステータスの確認②
「ステータスが過去48時間にトラフィックデーターを受信しています」となっていれば設定がデーターが取得できる状態になっています。
もし、「過去 48 時間に受信したデータはありません。」と表示されている場合は、どこか設定が正しくありません。①~④を再度確認してみましょう。それでもうまくいかない場合はアナリティクスのヘルプで確認してみて下さい。
アナリティクスヘルプ
  

 

 

 

まとめ

 

今回はGoogleアナリティクスの説明設定方法を解説しました

アナリティクスを使うとどんな記事が読まれているか、どんなキーワードで自分のサイトに来たのかが解るようになります

取得したデータを効率的に使って自分のサイトに不足していたものは何か解るとサイトの改善にも繋がっていきます

Googleアナリティクスを使って集客UPを目指しましょう!

細かな分析方法、使い方はまた別で解説をしていきます

-wordpress

© 2020 maroroblog