wordpress

【初心者も超簡単】wordpressバックアップ&復元する方法!

2020年7月15日

wordpress-backup-ic

まろ
がんばってカスタマイズしたのに表示がおかしくなっちゃった~ 元に戻したいんだけどどうしたらいいの?

初心者なりに見よう見まねでカスタマイズしたら表示がおかしくなってしまった時やエラーが発生した時など、ちょっと前の状態に戻したい時ありますよね

私のような初心者だとどこを変更したかよく解らなくなって、元に戻す方法が解らない何てことも良くあります

そんな時、サクッと元に戻すボタンがあると便利だと思いませんか?

今回は、そんな便利なバックアップ、復元用プラグインUpdraftPlusについて詳しくご紹介します!

 

この記事でわかる事
UpdraftPlusで出来る事
UpdraftPlusrの注意点
UpdraftPlusの使い方設定方法

 

1.UpdraftPlusとは

 

UpdraftPlusバックアップと復元がボタン一つで簡単にできてしまう、とても便利なプラグインです

とにかく簡単で、設定してしてしまえば一週間ごと、一日ごとなど自動でバックアップを取ってくれて、復元もポチッとボタン一つだけで非常に扱いやすく便利です!

 

UpdraftPlusで出来る事

  • バックアップ自動(手動)
  • 復元(ワンクリック)

バックアップは、5つのファイル(プラグイン、テーマ、アップロード(写真)、その他、データーベース(記事))に別々に保存されます

 

ポイント

エックスサーバーの場合、バックアップは無料ですが、復元する場合有料となります!

自分で管理が出来るので、ササッと簡単に自分で元の状態へ戻したい時などに非常に便利なプラグインとなります

 

2.UpdraftPlusの注意点

wordpress-backup10

 

wordpressにログインできないと復元できない

簡単に復元することが出来る復元ボタンはwordpress内にあるので、wordpressにログイン出来る事が使用可能条件となる

それではwordpressにログインできないとはどういう事かというと

wordpressにログインできない状態・原因

  1. ログインパスの不正
  2. Cookieの影響
  3. ハッキング

 

ログインパスの不正

新しいパスワードに変更したけど、そのパスワードを忘れてしまったり、間違って入力してしまった事により「パスワードが間違っています」とエラーとなる場合

これは、パスワードをリセットすることで簡単に解決できます

ログイン画面の「パスワードをお忘れですか?」からリセットの依頼をしましょう!

 

Cookieの影響

こちらもパスワード関連ですが、パスワードを変更してもサーバー側とCookieで把握しているパスワードが違う事によりログインができない場合

Cookieの消去を行う事でこちらも簡単に解決できます

Chromeの場合は「Chrome で Cookie の削除、有効化、管理を行う」を参照下さい

 

ハッキング

ハッキングの場合、不正にログインされ最悪、管理者アカウントが削除されてしまう場合があります。この場合、管理者のアカウント自体が削除されているためログインする事もパスワードのリセットもできない状態となってしまいます。最悪の場合なので、パスワードを強化したり、日ごろのチェック(表示がおかしい、不正なリンクが貼られているなど)を怠らないようにしましょう!

 

3.UpdraftPlusの設定方法

手順

  1. インストールと有効化
  2. 設定

 

インストールと有効化

手順①
①左のメニューからプラグイン新規追加UpdraftPlusで検索
②インストール有効化
 

wordpress-backup1

 

 

手順② 設定画面へ
①左のメニューから設定UpdraftPlus または、プラグインUpdraftPlus設定画面へ
 

wordpress-backup2

 

 

設定

手順① 設定
バックアップのスケジュールを選択
それぞれファイルとデータベースのバックアップスケジュールを設定する
(手動~毎月まで)
 

wordpress-backup3

ポイント

更新頻度に合わせて選択しましょう!(毎日更新するなら1日ごと、1ヶ月に一回の更新なら1ヶ月ごとなど)

手順② 設定
バックアップファイルの保持数の設定
保持数を多くすると保存先の容量を圧迫してしまうので、デフォルトの2でも問題ありませんが、更新頻度などを考慮して2~4くらいに設定しましょう!

 

 

手順③ 保存先の設定
①保存先を指定します。DropboxGoogle Driveなどのクラウドストレージを保存先にすることをおすすめします
 

wordpress-backup8

 

ポイント

無料で使用する場合の容量はそれぞれ、Dropbox 2GB、Google Drive 15GBとなっています。

記事数、画像数が多い場合はGoogle Driveをおすすめします

 

Google Driveの設定の仕方

Google Driveの設定

  1. Google Driveをクリック(Google Driveのメニューが下に表示される)
  2. Googleで認証の右にあるリンク「あなたは(下の[変更を保存]をクリックして)、」をクリック
  3. Googleログイン画面が表示されるので保存先にしたいアカウントでログイン
  4. 「UpdraftPlus が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されるので「許可」をクリック
  5. セットアップ完了の画面に切り替わるので「Complete setup」をクリック
 
手順④ バックアップするファイルの設定
①特に変更なし 全てにチェックが入っていることを確認
 

wordpress-backup4

 

手順⑤ その他
①その他、暗号化、メール、エキスパートの設定ができますが特に必要ないかと思いますが、レポートをメールで受け取りたい方はお好みで設定して下さい。
②最後に変更を保存をクリック
 

wordpress-backup5

 

手順⑥ バックアップ
①変更を保存をクリックすると「バックアップを取りますか?」と表示されますので、一度バックアップを取っておきましょう!その後は設定した通りのスケジュールでバックアップされます

 

 

4.UpdraftPlusの使い方

wordpress-backup9

 

バックアップ(手動)

手順① 
バックアップ/復元のタブから「今すぐバックアップ」をクリック
②設定画面が開くので、全てをバックアップ取りたい場合はそのままチェックを変更せずに、今すぐバックアップをクリック
③1~2分後、バックアップは成功し完了しましたと表示されれば完了です!
 

wordpress-backup6

 

 

復元

 

手順①
バックアップ/復元タブの、既存のバックアップから復元したい日付のデーターの「復元」をクリック
②復元する項目を選択(プラグイン、テーマ、アップロード(写真)、その他、データベース(記事))
※全て復元する場合は5つすべてにチェック、一部のみの場合は該当項目をチェックする
復元をクリック
④画面が切り替わって再度復元をクリック
⑤しばらくして、Restore successful!と表示されれば完了です!
 

wordpress-backup7

 

まとめ

今回は、プラグインUpdraftPlusの使い方について解説しました

プラグインUpdraftPlusはとても扱いやすいのでまず最初に入れておきたいプラグインの一つだと思います。

間違ってデーターを消してしまったり、テーマなどのアップデートで表示に不具合が発生する場合があります。万が一の時に備えてバックアップは定期的にとって安全なサイト運営をしましょう!

 

 

 

 

 

-wordpress

© 2020 maroroblog